NAVI
きちんと処分〜廃車ガイド

乗らない車種の廃車ガイド

日々、新しい車種が生産されているようです。
自動車メーカーも、定期的にモデルチェンジをし、人々の購買欲を高めていると言えます。
そのため、新車も日々市場で売買され、同時に、中古車も取引が進み、しかも、今では、日本車ばかりでなく、外車も気軽に購入できます。
非常に巨大な市場と化しているようです。
同時に、乗らなくなる車種が多くなることもまた、事実でしょう。
乗らなくなった車が出てくる理由には、種々のものがあります。
たとえば、新しい車が出たため、買い換えをしたくなった時です。
あるいは、ライフステージが変わり、それまでの車では、用途を足せなくなったということもあります。
あるいは、何となく気分で換えたい、ということもあるでしょう。
そうなれば、車の処分が必要であり、それには、いくつかの選択肢から選ぶようになります。
しかし、中には、廃車を検討する人もいるでしょう。
廃車とは、該当の車に乗らないことであり、法律上では、抹消と言われるようです。
これは、登録した車を登録から消し去ることのようで、公的機関が利用している言葉でもあるようです。
車は、公的機関が把握するために、必ず登録が必要です。
不動産登記のようなものですが、それがなければ、道路を走行させることはできません。
仮に登録していないということであれば、違反行為となるようです。
また、外車も、車種によっては、日本に持ち込めないものがあるようです。
これまで、そういう事例が発生したようで、そういう車は、登録不可、ともなるようです。
結局、日本で車を運転するのであれば、公的機関での管理が必要ということでしょう。
もっとも、管理といっても、車両の登録であり、どこに何しに言ったことまでをチェックされている訳ではありません。
もっとも、物理的なそれが不可能であることは、容易におわかりいただけるでしょう。
いずれにせよ、車を登録が必要であり、廃車をするのであれば、それを取り消すことになります。
けれども、廃車をするのであれば、十分検討することが大事です。
車の処分方法には、種々のものがあり、廃車はコスト負担を伴います。
手数料が必要であるため、見返りのない処分方法です。
このため、十分考慮すべきであるのは、言うまでもないでしょう。
このサイトでは、こんな廃車を取り上げ、種々の説明をしています。
いずれの記事においても、重要点であると思われることをピックアップしています。
ご興味のある人の一助になれば、作成者として、誠にうれしい限りです。

関連記事・情報

  • 合宿免許についてはこちらのWebサイトがおすすめ。